お金がない!そんな時どうしますか?

あなたも経験ないでしょうか。現金が手元からなくなること。。
うっかり使い過ぎて給料日まで苦しい時や、結婚式が続いてしまい現金がほとんどない時などです。

 

そんなとき、どうやってお金を工面していますか?

 

クレジットカードを最大限駆使し、どうにかその月を過ごす…というのも一つの手だと思います。しかしカードを使えない所って意外と多いですし、カードしか頼れないとなると精神的に結構辛いです。万が一、食事に行ってお会計のときに「カードは使えません」と言われてしまったらジエンドですからね。給料日まであと本当に数日だけ、という状況であれば乗り切れるかもしれませんが、あまり現実的な方法ではない気がします。

 

クレジットカードと言えば、「ショッピング枠の現金化」という方法もあるにはありますが、相当なリスクがあるので止めた方がいいですよ。カード会社の規約で禁止していますし、最悪「残金の一括請求」、「カードの利用停止」、「カードの強制退会」という措置を講じられる可能性があります。
またショッピング枠の現金化はカード会社が禁止しているにも関わらず、そういった業者がいるということは?そうです、健全な会社が現金化をしているとは考え辛いですよね。
そういった理由もあり、ショッピング枠の現金化はリスクが大きすぎると覚えておきましょう。(参考:クレジットカードのショッピング枠の「現金化」の誘いに注意 |日本クレジット協会

 

親や友人に借りる、という方も多いですよね。確かにその場合は高い金利を払うことはないでしょうし、返済期日もある程度の融通は利くと思います。ですがやはり、それって恥ずかしいですよね。
いい大人になって親のすねをかじるのも気が引けますし、友人の場合はお金の貸し借りで関係にヒビが入ることも珍しくありません。

 

特に友人同士だと「返した返してない」の金銭トラブルに発展して、関係が悪化してしまうなんて可能性も大いにあり得ます。きちんと約束通り返済をしたとしても、「また困ったときは借りに来るんじゃ。」と敬遠されて、返済が終わった途端に距離ができてしまうことだってあります。

 

しかも気前よくお金を貸してくれる人というのは、なかなかいないのものです。みんな誰でも自分の生活に余裕なんてないですからね。それに貸してもらえても自分自信にも、やはりどこかで相手に後ろめたさを感じ続けることになりますし、出来るだけ身近な人にお金は借りたくないですよね。

カードを持って悩む男性

友人から借りる?それともキャッシング?

様々な考え方や意見はあると思うのですが、私はキャッシングの利用をおすすめします。

 

キャッシングは、気軽にお金を借りることが出来ます。キャッシングと聞くとどうしても尻込みしてしまう方も多いと思いますが、少額の利用に限ればそこまで大きな問題に発展するリスクもありません。ちょっとお金が足りないという場合の「つなぎ」としてキャッシングで借りる程度であれば、金利が多少高い消費者金融だったとしても利息は大した額にはなりません。 当然、返済の為に新たに借金を重ねて・・・という自転車操業状態になるほどの借入は人生を壊すのでお勧めしませんが。

 

どうしても返済額を少なくしたい場合には、毎月の最小返済額はキャッシング会社によって異なっていますので、少ない返済額でもいいキャッシング会社で借りれば問題ありません。今はインターネットで借りることができる会社もかなり増えてきているので、そういった会社を利用すれば、知り合いにキャッシング会社に入っていくところへ見られてしまった…なんて事態も避けられます。インターネットの銀行口座やネットバンキングを利用している方であれば、ほぼほぼ自宅から外に出る必要も無くキャッシングが利用できるぐらい便利になっています。

 

昔はキャッシングのし過ぎで首が回らなくなった、多重債務で大変なことになった、利子が大変な額になっていた、などという話を、耳にする機会も多かったです。しかし、現在は以前と比べて金利が低くなっているだけではなく、総量規制という法律によって自身の年収により無理のない借り入れになるよう上限も抑えられているので、借り過ぎに陥る可能性も以前よりずっと低くなっています。

 

ただしこの総量規制の対象となっているのは消費者金融と信販会社ですので、銀行のカードローンは総量規制の対象外という扱いです。総量規制に触れるほどの大きな金額を借りるのであれば銀行がおすすめですが、そんなに大金を借りる必要があるのであれば目的別ローンを利用した方がいいです。車購入用のローンだったり住宅ローンだったり、用途が決まっているローンであればキャッシングよりもずっと低金利で借りられます。

 

あくまで利用しても特に問題ならない程度の少額のキャッシングであれば、昔のようなグレーゾーン金利も撤廃されて今では法律も整備されてきていますし、キャッシング会社自体も事前にきちんと審査を行うことが、今は義務付けられているので安心です。そういった利用しやすさと法整備による健全性の確保によって、現在では労働人口の20%もの人がキャッシングを利用しているというデータも出ています。(参考:今すぐお金を借りたい人が選ぶ最短30分審査のカードローン特集

 

利用目的に関しても同上の参考ページによると、生活費の補填や欲しいものがあったが手元のお金が足りなかった、といった恐らく少額の借入で利用している人が多いことが推測できます。親や友人にお金を借りるよりもキャッシングを選ぶ理由としては、なにより他人に迷惑をかけずに済むのが最大の魅力として挙げられますね。

キャッシング会社なら、どこでも同じ?

キャッシングには大きく分けて、消費者金融と銀行系があります。消費者金融のメリットとしては、銀行に比べれば審査の条件もそこまで高くなく、借りるまでの時間もかからないことです。銀行の特徴としては、低金利だけど審査の条件がやや高めで借りるまで時間が掛かってしまう銀行もあります。どちらがいいかは状況にもよりますが、すぐにお金が必要な人には消費者金融系が適しています。

 

どちらのキャッシングでも、審査・申し込みは街中にある自動契約機でも気軽にできます。しかし自動契約機は、人通りが多い場所にあることが多いので、人目がどうしても気になるのが正直なところです。そんな人にお勧めしたいのは、審査や申し込みも全てネット上のweb完結で済ませられる消費者金融を選択する事です。インターネットで手続きのできる金融会社は、非常に多いです。

 

流れとしてはネット上で必要事項を記入し送信した後、会社側から内容確認の連絡があります。その後本人確認書類の提出を所定の方法で行い(主に免許証をスマホのカメラで撮影してデータをアップロードする方法です)、審査に通れば契約完了…という感じです。会社側からの内容の確認の際、電話でオペレーターの人と話す必要はありますが、誰かと顔を合わせたりどこかへ出向く必要は全くないのは安心です。

 

また初めての人で短期間の少額の借り入れなら、無利息キャンペーンを行っている消費者金融がおすすめです。銀行系よりも消費者金融の方が審査時間なども含めて借りやすいという理由もありますが、振込で借りる場合には、午後3時を超えて振込をされたとしても実際に自分の口座に入金されるのは翌日になってしまいます。そうなってしまうと今日中にお金が必要と急いでいる場合には間に合いませんので、人目が気になりますが自動契約機を利用しなければいけません。

 

自動契約機であればその日の振込に間に合わない夕方や夜でも、融資してもらえるというメリットがあります。そしてその自動契約機の数は、銀行よりも圧倒的に消費者金融の方が多いという特徴があります。従って、すぐにお金が必要な人は振込が間に合わなかった最悪のケースも想定して、自動契約機が使える保険が残されている消費者金融が適しているのです。

 

消費者金融はどうしても銀行よりも金利が高いので敬遠しがちの人も多いですが、無利息など各社色々なキャンペーンを行っていますので、このような特典も生かしながら、自分のライフスタイルに合う金融会社選びをするのが賢い利用の仕方です。

 

パソコンをする女性

返済計画もきちんと考えておきましょう!

キャッシングは、きちんと自己管理をしたうえで使えば大変便利なサービスです。それでも使用者のモラルによっては、返済が大変になる可能性も勿論あります。

 

なので返済計画に無理がないかは、事前にしっかり考えておく必要があります。例えば、一括での返済を見込んだ給料日前に使用する、などですね。給料日前だと借り入れを行っても数日後に返せるので、負担や不安も軽減されます。返済までの期間がかかればかかる程、気持ち的に落ち着きませんし、利子が膨らんでいきます。本当に自分が返済できるのか、利子はどのくらいになるのかなどをきちんと把握し、上手くキャッシングを利用していくことが大切です。

 

ただし、誰でも無条件にお金を借りることが出来るわけではありません。 お金を借りるには、申し込みをした後の審査に合格する必要があります。 審査内容は会社により異なりますが、要するにその人が貸したお金をちゃんと返せる返済能力を持った人なのかどうか、といううことを確かめるために行われます。 お金を借りる以上、当たり前といえば当たり前ですね。

 

審査といっても、それほど厳しいものではありません(勿論ゆるくもないですが。) ですが20歳以上で自分で働いて定期収入を得ており、他からの借り入れもなければ、ほとんどの人が審査に通過することが出来ると思います。(勿論自身の収入に見合った金額を借りる場合ですが。)

 

フリーターなどで収入が不安定という方は、会社によってはアウトかもしれません。ですが最初の会社でダメでも、他の会社で申し込んだら審査が通った、なんてこともよくある話です。 テレビCMなどをよく流している大手金融会社方が、審査が通る可能性は高いみたいなので、そういった会社で申し込みを試してみましょう。